• 大橋解体工業/広報

アスベストの危険性

アスベストの健康被害が問題となり、現在では製造が禁止されました。しかし、アスベストを使用した建築物は数多く残っているため、解体工事における対策は細心の注意を払わなければなりません。



アスベストとは


アスベストは繊維状の鉱石なので、石綿とも呼ばれています。少なくとも紀元前2000年以前にイタリアの鉱山で採掘され、ランプの芯やミイラを包む布などに利用されてきました。アスベストは耐熱性や耐久性に優れ、電気や熱を通しにくい性質を持っているため、船舶の保温材を始め、建築資材や電気製品など産業に欠かせない材料になりました。安価にも関わらず幅広く利用できるため「奇跡の鉱物」と呼ばれ、日本の産業振興や高度成長を支えてきました。



なぜ人体に害を及ぼすのか


アスベストは非常に微細な繊維状の鉱石であり、ほぐすと髪の毛の5,000分の1ほどの細さになります。そのため、空気中に飛散したアスベストを吸引すると、肺の細胞奥深くまで侵入することから人体に害を及ぼすことが指摘されていました。侵入したアスベストがどのように肺がんや悪性中皮腫、肺繊維症(じん肺)などを引き起こすのか、その詳細までは分かっていません。しかし、吸引してから長い年月を経て健康被害が起こることはWHOより報告されています。そのため1975年にアスベストを吹き付ける作業が原則禁止となり、2006年に「石綿による健康被害の救済に関する法律」が成立しました。



アスベスト対策をしっかり行う

アスベストは産業に多大な貢献をしましたが、老朽化した建物からアスベストが飛散する可能性があり、災害や事故などで大量のアスベスト被害が起こることもあるようです。そのため古い木造住宅や鉄骨造住宅、商業ビルや公共施設などの解体工事には注意を要します。業者がアスベスト対策をしっかり行わなければ、作業員や周辺住民への健康問題が危ぶまれます。

規模が小さい家屋解体工事や内装解体工事は証明証や手続きが要らないケースもあるので、安全対策が疎かになることもあるようです。解体工事を依頼する際は「アスベスト対策をしっかり行っている業者か」を確認することをおすすめします。



 

弊社は、茨城県結城市で解体工事のご依頼を承っています。これまでにも、木造住宅・鉄骨造住宅・ビルや大型店舗など様々な建物の解体工事実績がございます。見積り無料ですので、結城市近辺で建物解体工事のご依頼を検討されている方は、ぜひ弊社へご相談ください。




閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

住宅のリフォームや建て替えに伴い、解体工事をご予定なさっている方もいらっしゃると思います。しかし、解体工事はそう何度も行うものではないため、作業工程や注意点についての詳細はあまり知られていないかもしれません。こちらでは、解体工事でトラブルに発展しやすいポイントをご紹介します。 解体時の騒音や振動 解体工事を依頼されるお客様の多くが、解体時の騒音・粉塵・振動を気にされていると思います。木造住宅や鉄骨

解体業者は木造住宅や鉄骨造住宅、工場や大型店舗、ビルなどの解体工事を請け負っています。解体工事は更地や新築工事、リフォーム、特殊な建物の解体など、目的に応じて種類も違ってきます。ここで解体工事の種類について、ご紹介致します。 一般的な家屋解体工事 空室対策や新築工事、駐車場などを目的に、家屋を丸ごと解体する工事が家屋解体工事です。敷地内の建物を重機で解体して更地にするため、周辺住民への配慮が不可欠

解体をご依頼いただく際、深刻なトラブルを避けるために、解体業者に確認することをいくつかまとめました。 許可証の有無を確認する 解体工事業登録と建設業許可 解体業者に依頼する際、最初に確認したいことは許可証の有無です。解体工事に必要な許可証は3種類あり、「建設業」「土木業(とび)」「解体業」となっています。80平方メートル以下の解体工事には許可証は必要ないですが、500万円を超える大規模な解体工事で